ギターの個人レッスンは、小山ギター教室(千葉)で。

 MENU

新着情報・ニュース

明けましておめでとうございます2018.01.02

今年もよろしくお願い致します。

お正月にサンタクロースの話で恐縮です。注文してあった絵本が手に入りました。

1897年9月21日、ニューヨークのサン新聞社に手紙が届きます。                                                          120年も前の事です。

きしゃさま                                                                                                                          あたしは八つです。                                                                                      あたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ。」っていっている子がいます。                                 パパにきいてみたら、「サンしんぶんに、といあわせてごらん。しんぶんしゃで、サンタクロースがいるというなら、そりゃもう、たしかにいるんだろうよ。」                                                            と、いいました。                                                          ですから、おねがいです。おしえてください。                                                                                        サンタクロースって、ほんとうにいるんでしょうか?

この少女の問いに、サン新聞社は社説でとりあげ返事をしました。

この世の中に、愛や、人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースもたしかにいるのです。                                                                          あなたにも、わかっているでしょう。                                                                                                      世界にみちあふれている愛やまごころこそ、あなたのまいにちの生活を、うつくしく、たのしくしているものだということを。                                 もしもサンタクロースがいなければ、わたしたち人間のあじあうよろこびは、ただ目にみえるもの、手でさわるもの、かんじるものだけになってしまうでしょう。                                       この世界でいちばんたしかなこと、それは、子どもの目にも、おとなの目にも、みえないものなのですから。                                                                                         うれしいことに、サンタクロースはちゃんといます。                                一千年のちまでも、百万年のちまでも、サンタクロースは子どもたちの心を、いまとかわらず、よろこばせてくれることでしょう。

サン新聞社社説からの1節です。

私の家でも同じことがありました。                                                                    子供が小学4年か5年の時です。                                                               いつになく真剣な顔で学校から帰えると、友達が「サンタクロースなんかいない」と言ったけど、どっちが本当なの。

いつか話さなければならない、と思いながら1年延ばしにしていました、1回過ぎれば1年は安泰ですから。

しかし、その時は突然やってきました。                                                                                    「パパとママ嘘ついた !! 」                                                                                             しどろもどろになり、「夢があるから」とか「夢がなくなるから」とか、訳の分からないことを言ったのを覚えています。つらかったです。

同じ思いのパパとママがいらっしゃるのではないかと、書きとめてみました。                                                                                                  その絵本は、偕成社の「サンタクロースって、いるんでしょうか?」             です。

この絵本、みているとやすらぎます。

体験レッスン受付中! レッスンガイド よくあるご質問
合奏練習配信 コンサートライブ音源配信中 コンサートCD音源ダウンロードはこちら お問合せ