ギターの個人レッスンは、小山ギター教室(千葉)で。

 MENU

私の部屋

教室在籍者の中から、次の方々にお願いし寄稿して頂きました。
貴重な文章を寄せて頂いた方々に感謝申し上げます。

お一人お一人、表現は違っても、皆さんのギターに対する思いは良く伝わってきます。
言葉にならない心の内を知る事が出来、とても参考になりました。

皆様が、文章に託した思いを無にする事のない様、出来る限りお答えしたいと思います。

小山 文雄

石川 里子  千葉県八千代市 1994年6月 入会

レッスンを終えると、ギターの世界がまた違って見えてくるような感じになります。 
どうしても自己中心的になりやすい私ですが、音楽を通して今まで気が付かなかったことの発見や、新しいことを学べるのはとても楽しく、自分の視野や好奇心を広げることにもつながっています。
ギターは練習していて難しいなとため息の出ることも多いのですが、そこに価値があるということを先生のご指導をいただきながら生徒として感じてもいます。
家事や仕事のある日常の暮らしの中で、これからもギターの時間を大切にしながら長く続けていきたいと思っています。

2017年6月

新井 もも子  千葉県八千代市

ギターは、いつでも誰でも気軽に始められる親しみやすい楽器ですが、いつの間にか100パーセントの集中力を要求してくる手ごわい楽器だと思います。
自分がイライラしたり、ぼんやりしていると、ストレートに不快な音が出るので「いけない、いけない。」と我に返ることができます。
自分のギターの音で、自分の心を調整し終えると、スッキリします。

本荘 一樹  千葉県八千代市

学校のクラブで初めてギターに出遭いあれから?年。
またギターを弾きたくレッスンに通い始めました。
先生には優しく、時には厳しく、ご指導いただいていますが、なかなか難しくて1曲マスターするのにも時間がかかります。
でも、うまく弾けた時は最高の気分になれます。
これからもマイペースながらもレッスンを続けていきたいと思っています。 どうぞよろしく お願いいたします。

五本 有紀子  千葉県船橋市   2005年9月 入会         

平日は仕事で疲れてあまり練習できなかったりもしますが、
小山先生はそのような個人のペースもふまえて丁寧にゆったりと教えてくださるので負担に感じることなく、楽しく続けられています。
出会えた偶然に感謝します。
その優しい音色で、いつもそっと、心に寄り添ってくれるギター。ずっと仲良くしていけたらと思っています。

2014年6月

坪井 利保  千葉県佐倉市  2009年4月 入会

ギターを習い始めて二年が過ぎ、少しづつ出来ることが増え、楽しさも増えてきたよう に思います。
私にとってギターは日常から少しだけ自分を解き放ってくれる道具のような気がします。
いつか自分の思うような音色で好きな曲が奏でられるように、気長に練習して行きたいと思います。

石井 丈晴  千葉県八千代市 2008年1月 入会  

 教室に入門して今年で9年、腕前の方はまだまだですが、技術以上に「ギターの楽しみ方」がとても上手になった実感があります。
新しい課題曲を頂戴し、難易度の高い曲であっても練習を重ねて少しずつ弾けるようになってくる喜び。
その曲が単なる”音符”ではなく、どういう"音楽”なのかを先生に教えて頂き、音楽の深さを知る楽しさ。
そして、自分なりに上手に、感情豊かに曲を弾けた時の達成感(なかなか得られませんが)。
少し大袈裟ですが、人生そのものだとすら思います。
 ギターと、そして教室と出会えた縁に感謝しながら、これからも大いにギターを楽しんでみながら練習を重ねていこうと思います。

2007年6月

石井 万智  千葉県八千代市 

 5歳の時に父親のギターの練習姿を見て興味を持ち、教室に通い始めました。
練習が楽しくてしょうがない時もあれば、思うように上達せずに今ひとつ気が乗らない時もありますが、ただの一度もギターをやめるとは言わず、一生ギターと付き合っていくようです。
先生に優しく見守って頂きながら、側にギターのある人生をこれからも楽しんでいってもらえればと思っております。

2017年6月

宍戸 英樹  千葉県佐倉市

ソル、タレガ、バッハ、バリオス…
弾きたい曲は限りなくあるけれども道険し。
先が見えず、不安になることもしばしばですが、挫折せず、高い目標を持ち続けられるのは小山先生のご指導あってこそです。
下手の横好きですが、これからもこの楽器と楽しく付き合っていきたいと思います。

池田 怜生(中2)  千葉県八千代市   2009年4月 入会

「ギターを習いたい!!」と、5歳になったある日、突然、発言をした我が子に驚き、小山先生の教室の扉をノックしてから早1年。
毎日の生活の中にギターと向き合う時間があり、それは同時に親子で向き合う時間。
ギターを少しずつ弾けるようになる喜びを分かち合うとともに、こどもに期待するあまり厳しいことを言っては練習を強要する日々もありました。
そして1年の時間をかけて、先生にご指導をしていただきながらやっと気付いたことは、上手になることよりもまず一番に、ギターが好き!!その気持ちを大切にすること、でした。
息子が「ギターを習いたい!!」と幼心に話してくれた日のことを忘れずに、ギターとずっと仲良く友達でいられるよう見守っていきたいと思います。
ギターとの出会い、小山先生との出会いは私たち親子にとって宝物です。
これからも親子で一緒にギターと過ごす生活を楽しんでいきたいと思います。

2010年10月

河合 音和(中2) 千葉県八千代市  2008年9月 入会

何か習い事をと考え初めた5歳の頃、お友達のお家でギターを弾かせてもらう機会がありました。
その日から一週間毎日「ギターを習いたい!」と言い続け、その熱意を信じて小山ギター教室に通い始めました。
今では、難しくなった曲に悔し涙を流しながらの練習ですが、小山先生に優しく見守って頂いて、楽しくレッスンを続けています。
いつか「私の特技はクラシックギターを弾く事です!」と言えるようにレッスン頑張ります。

池田 真唯(小6)  千葉県八千代市   2013年4月 入会

ギターを習う兄の背中をみて育ってきた真唯は、兄のギターレッスンや練習、演奏会の時も、いつも一緒でした。
兄がギターをはじめ、5年の月日が過ぎたころ、「ギターを弾けるようになってみたい。」と、小学2年生になったばかりの真唯が、目をキラキラさせて話してきました。
小さな頃から身近にギターと過ごしてきた真唯。
ワクワクしながら小山先生の教室の扉をノックして、はじめてのギターに触れたものの、難しい指使いや、音符が読めない自分が悔しくて、レッスン中に涙を流し、小山先生を困らせてしまったこともありました。
それからゆっくりと1年の月日が流れ、小山先生の優しい人柄と、心温かいご指導により、真唯は今ではギターも小山先生のことも大好きで、毎回、レッスンに行くことを楽しみにしています。
真唯は、ギターと小山先生が大好きで、ゆっくりと楽しみながらギターを弾いています。
ギターをどんな時も一緒にいてくれる、一生の友達のように感じさせてくれるような小山先生のギターのご指導にはいつも心から感謝しています。

2014年6月

斉藤 雅江  千葉県八千代市   2013年8月 入会

旅行が好きで、よく出かけます。旅先でよく見かけた楽器、
それがギターでした。
宿泊先のホステルや、街のレストランなど・・
これがぱっと弾けたなら、どんなにいいだろう。
そんな憧れと、これが弾けたら現地の人とより仲良くなれるかも、そんな思いもあったかもしれません。
始めてみると、想像以上に難しいギター。
それだけに、自分の好きな曲を思いのままに、奏でられるようになる日を夢見ています。
なかなか練習できない時もありますが、そういう時は体を第一に、と大らかに 言ってくださる先生のもと、少しずつ前に進んでいきたいと思います。

2014年6月

渡辺 麻衣(小4)  千葉県八千代市 2013年5月 入会

お父さんが弾いているギターに興味を持ち、小山先生の教室に通うようになって1年。
思うように弾けなくて、練習が嫌になることもあるけれど、少しずつ弾ける曲も増えてきて、自信にもつながっているようです。
疲れたら休憩をしながら、優しく丁寧に教えてくださる小山先生が大好きな娘。
ギターがあることで、娘の人生が豊かになるものと信じて。。これからも楽しんで演奏しようね。

宇内 直美  千葉県八千代市   2014年10月 入会

「ギターを習いはじめて2年が過ぎました。

つい、日常に追われるだけの日々を過ごしがちですが、ギターの静かな音色に触れる時間は、とても貴重なひとときです。

合奏の練習では、上手な方々の演奏を見聴きし、いつか自分も、あんなふうに自由にひきこなせるようになりたいと夢を見てしまいます。

これからも、焦らず、楽しみながら、マイペースにがんばっていきたいです。」

2016年6月

宇内 遥輝(6才)  千葉県八千代市   2015年9月 入会

「4さいのとき、ママがギターをひいているのをみて、ボクもやってみたいなとおもいました。
5さいになって、ならいはじめたけど、ひだりてのおさえるのがむずかしくて、たいへんです。

でも、だんだんじょうずになってきたから、もっともっとれんしゅうして、ママをぬかすぞー!」

2016年6月

高橋 壮一郎  千葉県八千代市

我流でギターを弾き続けるのは自己満足だけで成長を妨げる事を実感しております。
楽器をプレゼントするなどとうたった広告で営利目的の大きな教室なども存在しますが
小山先生にしっかり基礎を教えて頂いてから譜面に向かう姿勢が大きく変わりました。
ギター講師は多数存在しますが、良い講師に出会う事が本当の上達への近道なんですね。

2017年6月

直井 正敏  千葉県佐倉市

私がクラシックギターを始めたのは9才の時。子供向けの教本を買ってもらい、独学で始めました。
その頃は、ともかく弾くことが楽しくて、がむしゃらに難しい曲にチャレンジして弾いておりました。
社会人になり、ギターは週末にたまに弾くだけの時代が20年以上続きましたが、40代後半に入ったころ、Youtubeに投稿されていたクラシックギターの動画を見ていてまた弾きたくなりました。
クラシックギターはマイナーな部類の趣味かもしれませんが、今はインターネットを通じて非常に多くのクラシックギター演奏愛好家と知り合うことができました。演奏会などをネットを通じて企画したり、呼ばれて参加したりしております。
趣味を同じくした仲間は会話もはずみ、とても楽しい時をすごせます。
生涯の趣味として、これからもギターを続けていいきたいと思います。

2017年6月

体験レッスン受付中! レッスンガイド よくあるご質問
合奏練習配信 コンサートライブ音源配信中 コンサートCD音源ダウンロードはこちら お問合せ